全国にあるおすすめバラ園を紹介します。

花フェスタ記念公園

r_g_001.jpg
 
〒509-0213岐阜県可児市瀬田1584-1  TEL 0574-63-7373
■休園日    火曜日(祝日の場合は翌平日)、年末年始、バラまつり期間中は無休
■入園料金  大人 通常500円  春・秋バラまつり期間1000円 
■開園時間   4月から11月上旬  9:00-17:00
         11月上旬から3月  9:30-16:30
■見どころ
「花フェスタ2005ぎふ」の開催を機に「世界に誇るバラ園」として、80.7haの広大な敷地に約7000品種、
 30000株のバラが植栽されている。
「世界のバラ園」にはイギリス・フランス・ドイツ・日本など世界各国のバラが国ごとに分けて植栽され、
「バラのテーマガーデン」では約5000品種のバラが17のテーマに沿って分けられ、いろいろなバラの見方、
楽しみ方が提案されている。春・秋のバラの見ごろに合わせて、人気講師による魅惑の「バラ園ガイド
ツアー」をはじめ、コンサートや植物展示、体験教室などのイベントもあり、一年を通して楽しむこと
ができる。
園内には他にもさまざまな施設がある。地上45mの花のタワーにはガラス張りの展望室と屋上デッキがあり、
季節の花や緑に彩られた園内を展望することができ、晴れた日には乗鞍岳や恵那山なども一望できる。
大温室「花の地球館」ではさまざまなテーマに沿ったフラワーショーが開催され、一年を通して花と緑が
楽しめる。また、茶室「織部庵」があり、その周囲に1600平米の広さを利用した純日本風の庭園が広がっ
ている。


かのやばら園

r_g_002.jpg

〒893-0053 鹿児島県鹿屋市浜田町1250   TEL 0994-40-2170

■休園日    月曜日(祝日の場合は翌日休園)・年末年始 但し、バラ祭り期間中は休園日なし。
■入園料金  4-7月、10-12月 大人600円  8-9月、1-3月 大人300円
■開園時間  4月から7月  9:00-18:00 8月から3月  9:00-17:00
■見どころ
面積8haの敷地に世界中から集められた四季咲きのバラ約3,000品種と、一季咲きのバラ約1,000品種の50,000株
のバラが植栽されている日本最大級の規模を誇るバラ園。
様々な香りを持つバラを集めた「香りのガーデン」や、様々な色彩のバラが植えられた「カラーガーデン」、
貴族や王族の名前が付けられたバラが植えてある「ロイヤルガーデン」などのテーマ花壇があり、「切花温室」
や、バラに因んだメニューのあるレストラン、バラ関連グッズの売店も併設されている。毎年春と秋には「かの
やばら祭り」が開催され、多くの来園者で賑わう。
錦江湾を望む標高160mの丘陵地の霧島ヶ丘公園内にあり、360度の大パノラマが拡がる展望台からは、高隈山系
や桜島、開聞岳、志布志湾を一望でき、春のポピーや秋のコスモスなど、季節ごとに様々な花も咲き、バラ以外
でも楽しむことができる。


RSKバラ園

r_g_003.jpg
     
〒701-0164  岡山市撫川1592-1  TEL 086-293-2121

■休園日    水曜日 (但し、祝日・祭日の場合は翌日休園。 4月-6月、10月-11月は無休)
■入園料金  大人600円
■開園時間  9:30-17:00
■見どころ
RSKバラ園は、山陽放送(略称RSK)がラジオ送信所の用地を利用し、地域の人々の憩いの場として昭和49年に
開園。中央のRSKラジオ放送アンテナ(高さ105m)を中心にした約3万平方メートルの同心円型花壇に、主に
四季咲きのバラがおよそ250品種植えられている。
バラ園の外周には、梅園・サクラ並木・ボタン園・ハナショウブ園・ロックガーデン(山野草展示園)も
併設されており、チューリップ・フジ・ツツジ・ハナミズキ・アジサイ・大賀ハスなど四季おりおりの花木
も植栽してされ、一年を通じて楽しむことが出来る。


万博記念公園バラ園

DSCF0018.JPG DSCF0030.JPG
〒565-0826 大阪府吹田市千里万博公園  TEL:06-6877-7387
■開園時間 9:30?17:00(入園は16:30まで) 
■休園日 毎週水曜日(祝日の場合は翌日)
■入園無料  駐車料 平日800円 土日祝1200円
■見どころ
1970年に開催された「日本万国博覧会」の跡地の総面積約260haの公園。日本の里山を感じさせる風景が
ある自然文化園や日本庭園、国立民族博物館などがある。大阪モノレール万博記念公園駅下車すぐ。
今年の夏は、暑かったので、少し弱っている感じがしたが、シュートがたくさん上がっていたので、来春は
期待できそう。